gold owl designer's blog

goldowl.exblog.jp ブログトップ

"邦画"

邦画。
良く見るのですが、久々に面白い作品に出会いました。
行定勲監督の作品で "パレード"
a0164984_20402195.jpg

自分。
自分と思っていても、それぞれ見る人によって"自分"は別の人格である。
彼女は私の事をこう思っているけれども、彼は私の事をこう思っている。
それぞれが別の人格を思う自分。真実とはないのではないか?
だからといって、彼らがいるから私という人格が存在する。
自分の思わぬ人格を、そっと人が理解していてくれているというのは中々なものです。
映像も美しく、しみじみと。深く。良い映画だなと思いました。

もう1点。
森淳一監督の"重力ピエロ"
伊坂幸太郎さん原作のこの映画は、とても深く心に残りました。
a0164984_2165137.jpg

絆深く、愛が深いからこそも消えない悲しい真実。
家族の絆が深いからこそ、真実が重く歪みを創り上げる。
それでも、家族。永遠に家族なのである。
"春が2階から落ちて来た"
とても良い映画です。

皆様も、是非見てみて下さい。
見終わった後に心に残る物は何でしょうか?
[PR]

by goldowl_d | 2010-10-10 21:18 | day

<< "韓国" "sabot" >>